よくある質問

見積もり依頼・工事の契約など注意することは何ですか


業者の中には、例えば 「この家ですと全部塗って○○○万円です。」
と言ったような、どんぶり勘定での見積もりの場合。
塗料の種類・塗装範囲など口約束では、後でトラブルの原因になります。
塗料の種類・塗装の方法・塗装する範囲などを、明確に記載してもらう様にしましょう。
極端に高い値段からの大幅な値引き又は、 「○月○日までなら半額です」
とかはすぐに契約をしないで慎重に対応しましょう。


なぜ、早めにするのが良いか


長年放置して置くと劣化がひどくなり、吹き付け又は塗装工事では修復が不可能な状態になってしまいます。
そうなれば、それぞれの下地素材から取り替えと言う事になりコストも高くついてしまいます。
これからの時代は、新築の建て替え周期が、アメリカ・ヨーロッパなどのように、長くなってくると思われます。(日本約25年 アメリカ約45年)諸外国のそういった意味で、定期的メンテナンス 塗装工事以外でも例えばシロアリの薬剤処理など 住まいを末永く使って頂くためのメンテナンスは、必要だと思います。


なぜ、塗り替えが必要か。


塗り替えの目的は、建築物の外壁等の塗装が施工されている個所を、日光・雨・風 等の自然環境から保護するために必要です。
外壁等の塗膜は、年々劣化していき防水性も弱くなってきています。
木部も塗装がはげてきますし、鉄部は錆が発生してきます。
そういったそれぞれの個所の下地材を、保護する意味で塗り替えは、必要になってきます。




お問い合わせはこちらから